弁護士に相談しよう

人身事故の被害者になってしまった場合、弁護士に相談することをお勧めします。交通事故被害者にとっては、後遺障害の等級認定はもっとも重要なポイントだといってもいいすぎではないといえます。弁護士に相談することで、後遺障害の認定をより適切に行ってもらうことができるというメリットがあります。

後遺障害で最も低い等級が14級になります。しかし、14級でも非常に後遺障害等級認定は取りにくいと一般的に考えられています。第三者機関による書類審査で後遺障害等級認定が行われるため、被害者の後遺障害の状態を必ずしも適切に反映させることができているとは言いにくい結果になってしまうことがあるのです。

後遺障害14級の認定条件や、14級認定で議論となりなりやすい目に見えにくい障害について、弁護士は被害者の思いを書類審査の段階で適切に伝えることができるといえ、人身事故の被害者になってしまった場合は弁護士に相談することがおすすめです。

後遺障害では、入通院慰謝料の他、後遺障害慰謝料の請求ができます。精神的苦痛を補償する慰謝料については、保険会社の基準額は明らかにはなっていませんが、他の基準を知ることによって、適正な慰謝料の提示が行われているか否かの判断ができると考えられています。